仮想通貨市場の今後は予測できるのか?

仮想通貨の市場価値と今後の動向

デバ地下探訪と毎日の献立

毎日食べても飽きのこない家庭料理

家庭料理というのは、子供のころから育ってきた、素朴なおふくろの味のことですね。それは毎日食べても飽きのこないものです。料理教室に通って覚えた料理を手間暇かけて作るというのが必ずしも家庭料理ではありません。それも自然な努力の結果なら愛情の表れといえるのかもしれません。手間暇かけるのが愛情の表現だと考えるのは本末転倒ですね。もちろん飾り立てるハレの日の料理というものもあります。しかしそれは日常の毎日の献立ではありません。

素朴な料理を家族で楽しく団欒の中で食べるのが家庭料理です。こうしてお母さんが作った料理を家庭の団欒の中で食べるという行為は、家族の間に膨大なコミュニケーションを引き起こしているのです。料理を作る音から流れてくる匂いまで、家族はお母さんの愛情を感じながら食事ができるわけです。

独身者の家庭料理

独身者ですとつい面倒になって、弁当を買ったり、近くの食堂で食べたりしてすますことも多いですね。そんな時でも今日は何を食べようかと悩むこともあります。仕事が忙しいサラリーマンですとなかなか自炊をする気にもなりません。

自分が作った家庭料理にせよ、奥さんが作った家庭料理にせよ、家庭で作られた料理を前にして、食卓に着き自分と向き合いながら食べるということは人生を豊かにしますね。これが毎日の料理を決めるコツとも言えます。

自分の料理を前にして、食卓に向かい自分の心の空間を広げてゆくということです。家庭料理ですから、パスタに味噌汁でも、自分が好きなら構いませんよね。そういう自由性の中から、毎日の料理を決めるコツが自然と現れてきます。